高校まで、富山におりましたので、昭和30年代の北陸の鉄道はお馴染みでした。しかし、私鉄ファンを任じており、国鉄はあまり、撮っておりませんでした。神通川の扇状地のかなめにあたる大沢野町(現富山市)に居りましたので、1958年(昭和33年)の

1959年(昭和34年)8月信州に父の運転でドライブしたとき、ちょっと、写した

は既にアップロードしております。(上のバナーをクリックして、ご覧頂けます。)

 これ以外に、地鉄などを写しに行った道すがら、撮った脈絡のない写真が残っておりました。50年前の鉄道風景ですので、ちょっと見て頂く価値もあるかな?と思い、載せることに致しました。


富山駅                 1963-3

50年前の富山駅です。基本構造は新幹線開通前まで、変わらなかったように思いますが、富山地鉄のボンネットバスが、懐かしく思われます。


富山駅を発車する9600形(49608)の牽く高山本線貨物列車                 1963-3

 高山本線の貨物列車は9600形に専ら牽引されておりました。遠距離旅客列車はC58、猪谷までの区間旅客列車はC11でした。


D50(D50102)牽引の北陸本線貨物列車    滑川~魚津             1963-3

 北陸本線の貨物列車は主にD51、たまにD50に牽かれておりました。


DF50牽引の北陸本線下り旅客列車    富山駅             1963-3

 北陸本線の旅客列車にはもっぱらC57が使われて来ましたが、無煙化の波が押し寄せて来ました。C57などが煙を上げる富山機関区をバックに、富山駅に進入するディーゼル機関車DF50が牽く下り旅客列車です。


上り特急「白鳥」大阪行    倶利伽羅             1963

1961年(昭和36年)10月1日に北陸本線に初めての特急がデビューしました。大阪~青森、大阪~長野~上野間の各6両編成のキハ82特急用気動車が、直江津で併結され、堂々12両編成で、北陸本線を大阪に向いました。かっこよかったですね。営業初日の「白鳥」に上野から直江津まで、乗りました。

上のアイコンをクリック頂ければ、その様子をご覧頂けます。


氷見線の景勝地雨晴海岸を行くC11(C11303)牽引の旅客列車    雨晴~越中国分   1959-5

高岡からは氷見線と城端線の2本の支線が出ています。昭和34年にはまだ、C11牽引の旅客列車が残っておりました。


城端線、戸出駅を発車する気動車キハ10     戸出        1959-5

気動車化も進んでおりました。


七尾駅に駐泊しているC56153    七尾             1963

 比較的距離の長い七尾線にもまだ、C56が活躍しておりました。


七尾駅前             1963

 七尾駅前には北鉄の大きなバス発着場がありました。このころは、バスも繁盛しておりました。


キハ55で運行されていた高山本線、準急「ひだ」   美濃大田?        1959-6

1956年(昭和31年)に準急「日光」として登場した2機関搭載軽量大型準急用気動車キハ55による高山線初の準急列車「ひだ」が1958年(昭和33年)から走り始めました。このキハ55を使った中部循環準急「しろがね」、名古屋~岐阜~(高山線)~富山~(北陸本線)~米原~名古屋、と「こがね」(「しろがね」の逆廻り)が1960年(昭和35年)から、運転され、北陸本線にもキハ55が走るようになりました。この画像は、それ以前で、準急「ひだ」と思います。停車している駅は美濃太田ではないかと推定しておりますが、如何でしょうか?

謝辞
 このページを作成するにあたり地元の鉄道ファン、金沢在住の米さん、石鉄さん、富山在住の522レさん、SKさんから、画像の同定など、ご協力を頂きました。謝意を表したいと思います。

(2016-6-8)


(トップページ)(別館)

          (本館)