1961年(昭和36年)2月、三重交通のナローゲージの鉄道としては画期的な高性連接能電車4400形を見たくて、四日市を訪れました。その前に、三重交通北勢線、三岐鉄道を通り抜け、近畿日本四日市駅に降り立ちました。


10100系新ビスタカー、名古屋行ノンストップ特急          近畿日本四日市             1961-2-19

 近鉄四日市駅は当時、近畿日本四日市駅と称しており、まだ、地上駅でした。折から、名古屋行ノンストップ特急、新ビスタカー10100系6連が颯爽と通過してゆきました。伊勢湾台風による被害の復旧に合わせて名古屋線の狭軌1,067mmゲージから、標準軌1,435mmゲージに拡幅する工事が完了した1959年(昭和34年)12月から、大阪上本町~名古屋間のノンストップ名阪特急がこの新ビスタカー10100系で運転され、印象に残る電車でした。今でも、近鉄ビスタカーと言えば、この姿が思い浮かびます。


10100系新ビスタカー、大阪上本町行ノンストップ特急             海山道ー近畿日本四日市  1961-2-19

10100系は中間に2階建てのビスタカーを挟んだ3両連接のユニット編成を1~3ユニットつなくことにより、3~9両編成に出来る伸縮自在になっており、ユニット編成にはA,B,Cの3種類がありました。A、B編成は1端が流線形、他端が丸妻になっており、C編成は両端とも丸妻になっておりました。A+BもしくはA+C+Bとしますと、両端とも、流線形になり、新ビスタカーのイメージ通りになりますが、丸妻が先頭にくることも多かったようです。運転台の窓のみが高くなっており、ユニークなルックスになっており、これはこれで悪くないように思いました。 


モ2200形、モ2206 急行伊勢中川行             海山道ー近畿日本四日市  1961-2-19


ク3110形、ク3112 普通桑名行             海山道ー近畿日本四日市  1961-2-19

モ2200形は1930(昭和5年)に開通した参宮急行電鉄の大阪上本町~宇治山田間を最高速度110km/h、伊賀山中の33パーミルの急こう配を高速で走破した電車で、新幹線にまで発展した我が国の長距離高速電車の元祖と言っても過言でない名車でした。名古屋線の改軌により、名古屋線急行としても、走っておりました。
ク3110形は1940年(昭和15年)の紀元二千六百年祭典に合わせて作られたモ2200形の増備車モ2227の制御車でモ2227と同形態です。モ2200に比べ、張り上げ屋根で、よりスマートな感じでした。


モ6301形、モ6301 急行名古屋行             海山道ー近畿日本四日市  1961-2-19


モ6311形、モ6316 急行宇治山田行             近畿日本四日市  1961-2-19

モ6301、モ6311形は戦前の1937年、1942年に作られた名古屋線の急行用電車です。改軌に伴い、標準軌の台車に履き替えたものです。 


モ二6251形、モ二6253 準急名古屋行             海山道ー近畿日本四日市  1961-2-19

モニ6261形は1930年(昭和5年)の参宮急行電鉄の区間車用に作られた車ですが、戦前に狭軌化され、名古屋線に転属したものを、再度、標準軌用台車に履き替えた電車でした。


モ1600形、モ1607 準急塩浜行             海山道ー近畿日本四日市  1961-2-19

これは訪れた時、走り始めたばかりの新車モ1600形モ1607+ク1608です。名古屋線初めての全金属製、WN駆動の区間用高性能電車で、肌色にブルーの帯をしめたスタイルでした。

参考文献

  鉄道ピクトリアル通巻102、1960年1月 私鉄車両めぐり(38) 近畿日本鉄道[1]
  鉄道ピクトリアル通巻104、1960年3月 私鉄車両めぐり(38) 近畿日本鉄道[3]  

(2014-2-10)





トップページ(別館)
        (本館)