1959年(昭和34年)の夏休み、大学の鉄道研究部の仲間 と、関西の鉄道歴訪をしました。関西の電車は東京の鉄道ファンにとっては、憧れの的で、毎年、関西に通っていたような覚えがありました。 このときは

    東京から(名、近鉄、鶴橋、岐阜、高山線、太多線、中央、小海、軽、熊)経由東京都区内ゆき

という壮大?な連続切符を学割で求め、7月13日に出発、19日に帰ったようです。体力はあるがお金がない学生の旅行で、夜行も使い、短期間でたくさんの鉄道を見ようとしたのでしょう。近鉄では、大阪線の大和八木付近、奈良線、橿原線、奈良電鉄のジャンクションの大和西大寺付近で、撮りました。

 奈良線では生駒トンネルの車両限界のため、小型電車が走っていました。

 

モ800形 モ810(先頭)大阪上本町行特急 西大寺ー油坂 1959−7-16

 

 この時期の奈良線のスターはモ800形による大阪上本町ー奈良間の特急でした。モ800形はWN駆動軽量全金属製で奈良線唯一の高性能車でした。マルーンにステンレスの帯をしめた前面2枚窓で、鹿が跳ねているトレーンマークをつけていました。

 

モ600形 モ612(先頭)奈良行急行 西大寺ー油坂 1959−7-16

 

モ647形 モ650(先頭)奈良行急行 西大寺ー油坂 1959−7-16

 

 大阪ー奈良間急行には当時、主力のモ600系で運転されていました。モ600形は戦前の1935年(昭和10年)に初期のものは作られ、戦後の1948年(昭和23年)に増備された昭和2桁代の典型的なスタイルでした。これに続き1950年(昭和25年)に作られたモ647形は張上げ屋根になっており、ややスマートになりました。

 

モ460形 奈良行普通 西大寺ー油坂 1959−7-16

 

  モ460形はモ200形になった開業時代の車両に続く木造車を鋼体化したものでした。鋼体化更新は車体を新製することが多いようですが、この車両は安価にする為、台枠、床下ぎ装をそのまま用い、窓枠、扉もそのまま使用していましたので、木造車のおもかげを残していました。

 

奈良電鉄デハボ1350形、デハボ1354(先頭) 近鉄奈良発京都行急行 西大寺ー油坂 1959−7-16

 

 現在、近鉄京都線になっている京都ー大和西大寺間は奈良電鉄、通称「奈良電」という独立した会社線でした。大和西大寺から近鉄奈良まで近鉄奈良線に乗り入れていました。デハボ1200形というWN駆動の高性能車を持っていましたが、モ1350形は同じスタイルで旧型車の機器を流用したつり掛け車でした。

 

奈良電鉄デハボ1000形、デハボ1016 近鉄奈良発京阪三条行急行 油坂ー西大寺 1959−7-16

 

 奈良電は京阪線に乗り入れ、京阪三条まで行っていました。デハボ1000形は1928年(昭和3年)の開業時に作られた電車で、屋根の深い昭和初期の電車に良くあるスタイルでした。

 奈良電は近鉄と京阪の合弁会社で車両も独自のスタイルでしたが、1963年(昭和38年)に近鉄に合併され、京都線となりました。

 

モ200形 橿原線普通 西大寺ー尼ヶ辻 1959−7-16

 

 近鉄の前身、大軌(大阪電気軌道)、開業時の木造ボギー車、モ200形が未だ橿原線に走っていました。初期の車は1914年(大正3年)製で、訪れた時は50歳近く、廃車も間近いようでありました。しかし、1953年(昭和28年)の中学の修学旅行の時、八木からの橿原線急行はモ200で、かなりの速度で走ったのに驚いた覚えがありました。

 

モ200形 モ212 西大寺車庫 1959−7-16

 

 西大寺車庫にお邪魔してすこし撮らせてもらいました。前面たまご形5枚窓の電車は関東のファンとしては京浜急行120形、140形がおなじみでしたが、モ200はこれらよりやや大ぶりな感じでした。

モ450形 モ451 西大寺車庫 1959−7-16            モ600形 モ601  西大寺車庫 1959−7-16

 

 ボディーはモ600と同じですが、大阪線2000形の機器を流用したモ451形、初期の非貫通のモ600もおりました。

 

 当時、奈良線は小型車での運行でしたので、大阪線に比べて迫力がありませんでした。しかし、新生駒トンネルが開通し、奈良電が近鉄に合併され、全く、変わってしまいました。

 約50年前の様子をすこし、ご覧頂けたと思います。

 

謝辞

 作成にあたり、むーさんから貴重なアドバイスを頂きました。謝意を表します。

 

参考文献

  鉄道ピクトリアル1960年2月号通巻103号 私鉄車両めぐり(38)近畿日本鉄道(2)

 

(2008-1-25)
(2016-10-31)タイトル更新


 このときの大和八木付近の大阪線はこのアイコンをクリックしてご覧下さい。


(トップページ)(別館)

          (本館)