国鉄木原線と小湊鉄道

1960年(昭和35年)

 

九十九里鉄道を撮り終えて、東金線、房総東線(現在の外房線)を乗り継いで、大原にやってきました。レールバスを導入したことで話題になった国鉄木原線と木原線の終点、上総中野で接続し、房総西線(現在の内房線)の五井に達する小湊鉄道が目的です。木原線と小湊鉄道で、房総半島を横断しています。この2線は現存していますが、木原線は第三セクター「いすみ鉄道」になり、小湊鉄道も走る車両は様変わりしました。40年前の房総 のローカル線を一寸ご覧下さい。

 

房総東線 準急「第3房総号」       大原

 

大原には、キハ07、キハ05と共にレールバス、キハ01がいました。

 

 

キハ07 117               大原

 

キハ04 23とキハ01 3レールバス      大原

 

レールバス,キハ01 4、キハ01 3       大原

 

キハ01は本当にバスのボディを流用しているのか?軽量小型です。

 

キハ01 4の顔

 

キハ01 4の車内                        キハ01 4の運転台

 

車内を見るとバスの用品を多く使っている事が分かります。窓、天井、扉、運転室との仕切りなどはバスですね。駆動ミッションもバスと同じ様で、クラッチ、アクセルペダル、変速機レバーなどがあります。しかし、ブレーキはエアーブレーキです。

 

これに乗り、上総中野に向かいました。

 

キハ07とキハ01重連の列車

 

途中駅で交換した列車はキハ07とキハ01の重連です。高校生の下校時にはレールバスでは間に合わないようでした。大型トラックが小さな牽引車を牽いているようで、なんとも妙な感じではありました。

 

終着、上総中野に到着

 

ともあれ、キハ014は終着上総中野駅に着きました。ホームの反対側には、マルーン一色の小湊鉄道の気動車がいました。

 

これに乗換え、五井に向かいました。

 

キハ100とキハ41004         上総牛久

 

乗った気動車キハ100はオリジナルの車両ですが、運転台には関東私鉄特有のフードがあり、なんとなく東京の郊外電車のような雰囲気があります。対向列車はキハ41004で、 国鉄から払い下げの車のようです。

 

キハ6101+ワ?       海人有木

 

2つ窓のキハ6101が貨車をお供に走ってきました。これは旧青梅電鉄のモハ104、国鉄買収後、クハ6101になった車を気動車化したものです。 

 

キハ6100         五井

 

余り、時間がないので、乗りとおして、終着、五井に着きました。ここに車両基地があります。先にすれ違った

キハ6101の同僚キハ6100がいました。 これも旧青梅電鉄モハ102、国鉄買収後クハ6100を気動車化したものです。顔はこの時、流行の2枚窓にしたのでしょうが、側面とはアンマッチングなものになりました。

 

キハ5800     五井

 

キハ5800は旧鉄道省モニ3009が三信鉄道(現在のJR飯田線の一部)デ301となり、国鉄買収後

クハ5800になった車を気動車化したものです。

 

キハ101     五井

 

キハ100の僚機です。

 

ハフ50                       五井

 

小湊鉄道は付随車はあまり持っていませんでしたが、車庫に小型のハフ50がいました。

 

 

正に、木原線、小湊鉄道の通り抜けで、その間に、垣間見た車両をご覧頂きました。纏まりもありませんが、40余年前の雰囲気を感じていただければと思います。

1960年(昭和35年)12月11日のことでした。

(2004-6-18)

 


(トップページ)(別館)

          (本館)