冨山港線は冨山駅から冨山湾に面する岩瀬浜まで、僅か8kmの路線です。しかし、40年前の日本海側では唯一つの電化線で電車が走っている国鉄路線でした。

 

 

 私鉄、富岩鉄道として、昭和2年に全通、昭和16年に富山地方鉄道に買収されましたが、戦時戦略路線として、強制的に昭和18年、国鉄に買収されたもので、鶴見臨港鉄道等と同じ運命を辿った路線です。戦前、冨山は水力発電による安価な電力と戦時疎開の目的もあり 、多くの重工業の工場がありました。それらの工場が冨山港線の沿線に集中していたのです。これらの工場に通勤する人が多く、ラッシュ時は15分ヘッドで走っていました。 このように国鉄に買収された私鉄で使用されていた電車ー買収国電で運転されており、国電の雰囲気は殆どありませんでした。塗色もブルーとクリームのツートンカラー(多分、横須賀線と同色)でしたので、私鉄の路線のようでした。冨山駅の最も北側の短いホームを発車した電車はまもなく冨山口に止まります。この駅はまだ北陸本線と平行しており、ガードを潜ると地鉄市内線の停留所に近く、ここから、冨山の中心、西町に行けます。この駅を出ますと、いくつかの工場を沿線に見て、住宅地を走ります。終点、岩瀬浜まで、8km、20分ほどで到着します。車庫は城川原にありました。 この富山港線が第三セクターになり、路面電車化されることが話題になっていますので、昔の写真を探してみました。昭和33年に2回訪れておりました。まだ、社形電車(買収国電)で運転されていましたが、比較的製造年が新しい電車に整理されつつありました。

 

クハ5300    冨山 昭33-12

 

 冨山駅で発車を待つクハ5300です。元宇部鉄道の車で、昭和5年、汽車会社製造とのことです。昭和5年といえば、近鉄の名車2200が製造されたのとほぼ同年代の筈ですが、こちらはずいぶん古臭い形をしていますね!この直後に日立電鉄に払い下げられましたので、国鉄時代最後の姿であったかもしれません。

 

クハ5500形+クモハ2200形 城川原 昭33-7

 

 電車庫のある城川原はこの線の中核の駅でした。こじんまりした車庫が駅に隣接してあり、いかにも私鉄という感じでした。

 

クモハ2000形交換  城川原 昭33-12

 

クモハ2000形は元南武鉄道の車で、昭和17年帝国車両製です。クモハ2000形は両運転台で4両在籍し、片運転台に改造された2100形2両と共に、この線の主力でした。東急3700形に一寸似ており、東京の私鉄に よくあるタイプですね。社形国電のナラヤマだと言われていたようですが、東京の私鉄の電車としては当時のトップクラスの電車ではないかと思います。行先案内板を入れる枠が前面についていましたが、冨山港線では行き先は決まっており、行き先案内板はなく、空っぽのまま走っていたのが 、なんとなく妙でした。この枠は首都圏の国電にある時期、見かけられたもので す。昭和26年まで矢向電車区にいたので、これまでに取り付けられたのでしょうか? 昭和23年にお先に府中電車区(福塩線)に転属した後述のクモハ2020形には付いていませんので、この方向案内板枠はクモハ2000形が比較的長く、首都圏の国電として活躍した勲章なのかもしれません。

 

クモハ2020形 城川原 昭33-12

 

クモハ2020形も元南武鉄道ですが省線電車の木造車の鋼改車のようです。そのせいか、2000型に比べ一寸古臭い感じがしませんか!

 

クモハ1310   城川原 昭33-12

 

クモハ1310はクハ5300とともに 宇部鉄道出身の です。昭和18年製とのことで、宇部鉄道が国鉄に買収された年の生まれ、注文した宇部鉄道の新車として大事にされることも無く、社形電車として、各地を転々とした可愛そうな電車です。ノーシル・ノーヘッダーですが雨樋付きの印象に残る風貌をしています。

 

クハ5500形  城川原 昭33-7

 

クハ5500形 城川原 昭33-7

 

鶴見臨港鉄道出身のクハ5500形は4両在籍しており、クハ5300が払い下げられた後のクハはこの形式だけでした。昭和13年1両、昭和17年3両新製とのことですが、窓配置、顔つきとも、クモハ2000とうり二つでした。

南武鉄道と鶴見臨港鉄道は隣同士で、同じ電車を造ったのでしょうか。そのため、クハ5500形とクモハ2000の編成はすっきりしていました。しかし、下側の写真のクハ5500は方向案内板の枠が無く、前面下部に台枠らしきものが見えます。サハからの転用車でしょうか??

 

ED261  冨山 昭33-12

 

ED261は唯一の元富岩鉄道の車であります。生い立ちは謎に満ちており、大正13年WH製でその後、改造を重ねたもののようです。富山港線は貨物輸送も多く、、昭和35年まで、この国鉄最小(と思われる)の電気機関車は富山港線で活躍しました。

 

クモハ2200 冨山 昭38-9

 

 昭和33年に訪れてから、富山港線にはご無沙汰しておりましたが、昭和38年に久しぶりに顔を見に行きました。クモハ2000は健在でしたが、ゲタ電の茶系統の一色になっていました。この電車はスカ色のツートンカラーが似合っていましたが、経費削減のため、このようになったのでしょう。この後、モハ73系等がコバルトブルーに近い派手な色に塗られ、走ったりしていましたが、最近では、ご多分にもれず、乗客が激減したようで、昼間は高山線用の小さな気動車キハ120が走り、朝夕だけ、北陸線普通用電車が入り、富山港線専用の電車も、城川原電車庫も無いさびしい状態です。LRTによる路面電車化が成功するよう祈りましょう。

 

  このページは翌檜鉄道さんの全面的なご協力により作成しました。

  お陰さまで「はーさん」も社型国電の魅力に取り付かれました。

  謝意を表したいと思います。

 

参考文献

 鉄道ピクトリアル Vol.112 買収国電抄、冨山港線と城川原電車庫

             Vol.214 富山地方鉄道の電気機関車

 

(2004-11-12)
(2016-11-7)タイトル更新


(トップページ)(別館)

          (本館)