HOME

word Excelのオートシェイプであそぼ!
office2003で作っています。Word Excel Gallery 作品集です


誰のパソコンにも入っているワードとエクセル 此を使ってみんなでお絵描きできたら良いな。
そんな気持ちで 講座を作りました。質問等あったらお絵かきし隊のBBSでどうぞ。みんなでお絵かき楽しもうね。
最初に一番多く使う オートシェイプ 塗りつぶしの色線の色 これをドラッグして使いやすい場所に 出しておくと便利です
。なれていない人はこの作業はしなくても大丈夫ですよ。

まず ワード エクセルを立ち上げて作業ウィンドーを消します。
表示メニューから ツールバーで図形描画ツールバーにチェックを入れます。
さて書いてみましょう。
エクセルの場合 ツール→オプションで 下の方にある枠線のチェックをはずすと線がきえます。
気にならない方はそのままでも大丈夫です。また枠線の大きさを自分で決めてサイズの目安にすることも出来ます。

1 オートシェイプの一覧からハートを探して 画面の上でマウスを動かしてハートを作ってみてね.

↓が図形描画ツールバーです。


オートシェイプの隣の小さな三角を押すと 色々な形が出てきます。


2 図形描画ツールバーの筆のマークをクリック そこでハートの周りの色を決めます。
これはなしにしています。
3 次にその横のバケツをクリック そこで中の色を決めます。三角をクリックすると塗りつぶし効果というのがあるので
そこをクリック。
そうすると こういう画面が出てくるので ここで色を好きなように変えてね。

私は 黄色とオレンジのグラデにしました。
一色にするときはそのままバケツのところで好きな色を選んでください。

この画面で透過性の部分で透明度を決めます。薄い色の背景の時には効果は見えませんが
背景を黒っぽくしたときにはとっても綺麗です。数字は自分で色々やって試してね


最初はやり方が分かると良いのでハート一つだけでやってみてね。
後は応用で出来ます。

4 ハートにグラデの色が入りましたか?
今度は背景に色を付けます。
図形描画ツールバーにある 四角をクリックしてハートを囲ってください。
ハートが消えるけど あわてないでね。
その四角に少し 暗めの黒や紺を したのバーのバケツをクリックして塗りつぶしてね。

5 ハートが見えないのでこの四角を 後ろに持っていきます。
四角を右クリックして順序→ 背背面へ 後ろに行ってハートが出てきましたね。
 
6 今度はグループ化します。
シフトキーを押して ハートと背景の四角をクリック その上で右クリックしてグループ化を選んでクリックしてね。


応用編
ハートが書けて 基本がわかったところで お花を作ってみましょう。
またオートシェイプでハートを作って色を好きなようにつけて下さいね。

作った画像を コピペしていきます。

1 ハートを作って色つけが完成したら コントロールキーを押しながらドラックします。
此でコピー出来るので必要な枚数だけコピーしてください。

2 このグリーンの○が回転ハンドル ここを捕まえて好きなように回転させてね、
あとこのときに出来る四角いのが 移動ハンドル 好きに移動できます。
それから周りの白丸は調整ハンドル ドラックで好きな大きさに変化できます。
花びらが出来たらグループ化します。
グループ化
シフトキーを押しながら全部の画像をクリックします。それから図形の調整と書いてある所の横小さな▼をクリックするとグループ化というのがあるのでクリックするとグループ化できます。
もう一つの方法は図形の調整と書いてある横の矢印ですべて囲って 右クリック→グループ化でも大丈夫です。(色々な方法があるのでお好みで)

図形描画ツールバーの説明。 オートシェイプの中にも 直線 曲線 フリーフォームなどあるから試してみてね。
直線ツールを選んでから 色とポイント 線の種類など選んで ドラッグするだけです。後からサイズも色も変えられます。
3 しべを書きます。オートシェイプの線の中に 曲線があるのでそれでしべを書きます。

4 今度は花としべをグループ化します。
その後 花全体をコピーして調整ハンドルで大きさを調整しますしたりして 体裁を整えて下さい。
最後に背景の色を決めて完成。
この背景には塗りつぶし効果のほかに パターンやテクスチャがあるから色々やってみてね。
最後にグループ化して終わりです。

    
ポイント
薄い色で見づらい時は最初に背景を作っておいてから書くと見やすいです。
背景は後からでも変えられます。

ショートカットキーは便利!!

☆  移動させるときに 微妙な位置に動かしづらいときは オルトキーを押しながらドラックすると微調整しやすいです。
☆  コピーして何枚も使いたいときは Ctrl+Cを押してから Ctrl+Vで何枚でも続けてコピーできます。
☆  削除したいときはCtrl+xです。

フリーハンドで書く場合
また フリーフォーム夜曲線ででクリックしてだいたいの形をとり 右クリックで頂点の編集など便利な機能もあります。


頂点の編集をクリックすると 黒いぽっちが出来ます。この黒いぽっちの所をドラックすると好きな形に調整できます。

色を付けるときに 二色のグラディエーションでなくても一色でこのように変化出来ます。
無理つぶし効果からテクスチャやパターンも遣うとおもしろいです。

3Dに挑戦

まずオートシェイプの中から立方体を選んでドラックさせて書きます。
その上に 四辺形 平行四辺形 ひし形を変化させて元画像の直方体に 近づけてください
または オートシェイプ→ 線 →フリーフォームで形をとることも可能です。
やり方は フリーフォームで4隅をクリックしていって、後、頂点の編集で微調整する方法です



出来ましたら それぞれの面に 画像を貼り付けます
塗りつぶしの色→塗りつぶし効果→図→図の選択
ココで始めて ご自分の画像保存場所に行けます。
画像 テキストなど アンナさん makkoちゃんに協力していただきました
こんな感じに出来ました。
♪さて保存してみましょう。
PIG保存の前に ファイル→名前を付けて保存→○○.xlsファイルも必ず保存しておきましょう。
後で直したりするときに必ず必要です。


♪エクセルでの透過PNG保存
図形を書きます。
選択した状態でグループ化します。
コピー→形式を選んで貼り付け。(ここはメニューバーの編集から)ここでPNGを指定します。
PNGのファイルが エクセルに貼り付けできました。


保存しましょう。
このままの状態でファイル→WEB用に保存 これでフォルダ「付けた名前.Files」と「付けた名前.Html」が作成されます。
フォルダの中に画像ファイルが作成されます。
注意 ・・・htmファイルを削除するとフォルダも削除されます。(winXPだけかもしれません)
この辺はそれぞれ確認して下さい

もう一つの方法  ウィンショットを使って保存

便利なソフトwinshot 窓の杜様   ←ウィンショットのアイコン

ここからDLしてきてください。デスクトップに保存して解凍するとcドライブ→プログラムファイル→winshotにフォルダができます。同時にショートカットアイコンもできます。

ホットキーの設定 さて使ってみましょう。私はJPGで保存(短形範囲指定)にチェックホットキーはalt+printScreenにしました。
ここはprintScreenにしても良いし覚えやすいところにどうぞ。JPG保存にしましたがbmpで短形範囲指定でもいいです。
使う目的によってどうぞ。


基本設定です。保存後に保存フォルダを開くにチェックを入れておくと 選択してクリックもしくはエンターをしたときに
自然に保存したフォルダが開ので安心です。
この画面で 設定したalt+printScreenを 押すと 左上にキャプチャーしたい場所を表す小さな四角ができます。→
マウスで キャプチャーしたいところを ドラックしながら囲んでください。
これで大丈夫と思ったら 左クリックかenterキーで cドライブのwinshotフォルダに自然に保存できています。
これなら 今まで見たいにプリスクした後 フォトショや ペイントで加工しなくてもそのまま使えて
とっても便利です。

 
一番簡単で皆さんがご存じの方法は printScreenですね。キーボードの右上(パソコンによって違います)をクリックして ペイントやフォトショップ またはエレメンツなどに貼り付けてから必要な部分だけ切り取って使う方法です。
用途に合わせてどうぞ。
HOMEワードであそぼ♪に戻る